MP3 SHOPPING

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

ロシア・ピアニズムの真髄

0


    色々な所で書いているのだが、つい先日ピアノ録音史上もっとも重要なシリンダー(ロウ管)録音が多数発見され、米マーストンから3枚組CDとしてその一部が発売された。


    「The Dawn of Recording: The Julius Block Cylinders」

    収録されたピアニストたちの録音は約100年以上失われていたものであり、ここに陽の目を見たのは真に奇蹟的な事である。

    ANNA ESSIPOVA (1851–1914)
    PAUL PABST (1854–1897)
    SERGEI TANEYEV (1856–1915)
    ANTON ARENSKY (1861–1906)
    VLADIMIR WILSCHAW (1868–1957)
    PAUL JUON (1872–1940)
    SANDRA DROUCKER (1876–1944)
    JOSEF HOFMANN (1876–1957)
    EGON PETRI (1881–1962)
    LEONID KREUTZER (1884–1953)

    以上、全員がピアノ独奏の録音の収録。

    また、ピアノ連弾では、

    LEONID KREUTZER and PAUL JUON
    SERGEI TANEYEV and LEO CONUS (1871–1944)
    SERGEI TANEYEV and PAUL PABST

    という、夢のような物凄いプログラムと相成っている。

    ここでもっとも注目すべきは1872年までに生まれたピアニストがなんと6名も含まれていることである。この1872年という年はこのブログをお読み下さっている方ならピンと来ていると思いますが、James Mathen Campbell氏のピアノ録音のディスコグラフィ第一巻の区切りにあたる年。(ちなみに続巻は出ませんでした。)研究者にはバイブルともなっているこのディスコグラフィだが、一部は触れられているものの詳細は記載されていなかった。そこに、これだけの情報を追記出来るのはなんとも幸せな気分である。

    そしてもう一つ注目すべき事は録音年代が1890年代なので、収録のピアニストは最年長のエシポワですら47歳というまだまだ脂ののった年齢。まさかエシポワやタネーエフ、パプスト、アレンスキーの演奏が聴けるとは夢にも思っていなかった。

    往年の巨匠たちのテクニックが批判的に語られる多くの原因は、発展途上のレコード録音技術と録音時の年齢によるものであって、少なくとも後者はこのロウ管では心配いらない。
    エシポワの優美で詩的なフレージング、タネーエフの言葉では言い表せないような厳粛なモーツァルト、パプストによるチャイコフスキーのパラフレーズは真にリアルタイムの音楽である事の説得力と感動に満ちている。一体、こんな素晴らしい演奏は、今どこに行ったら聴けるというのだろうか?



    もちろんロウ管なのでCDやLP世代の耳には決して心地よく響かないかも知れないが、それを別にすればアントン・ルビンスタインやチャイコフスキの時代のピアニストの演奏が、伝説ではなく現実のものとして甦るのであるからまったく奇跡としか言いようがない。

    僕はつねづねロシア・ピアニズムはソフロニツキーあたりがぎりぎり最後の世代であって、むしろ同世代でもオボーリン以降の人たちは「ソビエト・ピアニズム」と捉えている。
    そして「ソビエト・ピアニズム」こそが現代ピアニズムの原型であると考えている。
    だから、現代人には分かりやすいのかも知れないが、少しの例外を除いて私にはそれほど興味が湧かないのかも知れない。

    話が逸れてしまったが、このCDは1000組限定プレスという話を聞いているのと、今のところマーストンのサイトから直接購入しか出来ないようなので、手に入れたい人はとにかく早めのご購入をお勧めしておきたい。(追記:2009年7月現在では国内CD店にて入手可能です)

    CDだから磨かにゃい。

    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
    にほんブログ村





    販売店のチカラ#01

    0

      いつもどおり私事ではありますが、10/24にめでたくDIW Classicsの新譜を2タイトル、リリース致しました。これを機に昨日はいつもお世話になっているCD販売店へ、ディスクユニオンDIW Classics担当の加藤氏と共にご挨拶まわりに伺いました。



      タワレコ渋谷店にてまずは今年の夏に試聴会&トークショーをさせて頂いたタワーレコード渋谷店6Fクラシック売り場にて(写真はディスクユニオン加藤氏【左】とタワレコの伊藤氏【右】)。コレクターズ・コーナーにDIW Classicsのスペースを大きく設けて頂いておりました!個人的にも渋谷タワレコでのCD購入が多いので、DIW Classicsが並ぶのを見るのはとても感慨深いものです。伊藤氏にはDIW Classics新譜発売の度にいつもズバリなコメントを書いて頂いており、コッソリ偵察に来ては常々感謝しておりました。企画の意図をこれだけ的確に汲んで頂けるのは、まったく制作者冥利に尽きるというものです。今回発売の「ショパン演奏の秘かな愉しみ第二集」について「コルトーを第一曲目に持ってきたのには、何か理由があるのですか?」との鋭いご質問。そうなんです。ディープなコレクターには人口に膾炙したコルトーですが、良い演奏は良い!という事で、あえてドカンとトップに据えたのです。この原盤となったドーナツ盤のレコード、実は母がコルトー来日時に購入したもので、僕もこれを聴いて育ったのですがこの有名な夜想曲の代表的な名演奏ではないでしょうか。そんな個人的思い入れも若干滑り込ませつつ、今回は夜想曲の名演奏を選曲致しました。
      またこのCDの聴き所としては、レシェティツキの弟子であるPaul Schrammの「夜想曲 Op.15-2」(世界初出)、ワインガルトナーに指揮も習ったというフランスのピアニストEmil Baumeによる「夜想曲 Op.72-1」を推薦させていただきます。この二人の演奏はここでしか聴けない、夜想曲の隠れた名演奏です。特にPaul Schrammについては、ピアニストのご遺族からの許可を特別に頂いて収録した放送録音音源です。これについては、数年前にコラムに書きましたのでご興味有る方は是非ご覧下さい。


      その足でDIW加藤氏と僕は渋谷HMVへ。ここもコメントつきで面出しをして下さっており、まったく感謝感激でした星残念ながら担当者の方が不在でしたが、親切に対応して下さったのが女性スタッフさんだったので、記念撮影は自粛しておきました!!


      さてその足で銀座線へ乗り込み「銀座山野楽器」へ。ここもクラシックCDが充実している店舗です。僕の通常の銀座コースは、01.東銀座のシェルマンでSPレコードをチェックnext02.銀の塔でビーフシチューを食べnext03.山野楽器でCDをチェックなのです。ここでも新譜の2タイトルをガッツリ入荷して下さっていました。そしてここでもパネルを展示してのDIWコーナーを設けて下さっていました星担当の方(許可を取り忘れましたのでお名前は伏せさせて頂きます)とピアノ復刻に関してイロイロお話しをさせて頂きましたが、体系的にタイトルを組んでいることや、ノイズを削りすぎないことに対して評価して下さっていたことが、何よりの励みとなりました。なるべく多くの方にDIW Classicsを楽しんで頂き、歴史的名演奏に慣れ親しんで頂けるようプログラムを組んでいるつもりではありますが、なかなか万人の方にお褒め頂くのは容易なことではないと反省することもしきり。しかしお褒めの言葉もお叱りの言葉も、どちらも心に充分留めつつ「自分がリスナーだったらどういうCDが欲しいのか?」という事を自問しつつこれからもリリースしていきたいと思いました。



      さて今回初めてのご挨拶まわりでしたが、実際に販売される店舗で応援して下さっている方とお話しをさせて頂くのは、本当に勉強にもなり、また励まされる充実した体験でした。販売店やDIWスタッフの応援なくして、このニッチな企画の存続はあり得ないのです。また次回リリースの機会にはお邪魔させて頂きたいと思います!ということで、今日は感激のあまり、ついレコードを磨き忘れてしまいした。夏目拝



      にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
      にほんブログ村


      国のない男へのオマージュ

      0
        国のない男
        国のない男
        カート・ヴォネガット,金原 瑞人


        これは、レコードとは関係ない日記です。



        TVを見ていたら家ダニ退治にとっても便利なグッズを特集していた。 一体、日本人は何をしているのだろう・・・余裕だな(笑)



        「エコ製品に関して、個人的に関心を示す人々が7割を超える一方で、 企業はエコ製品導入検討については半数以下」だそうだ。新製品を繰り出すために汗水垂らして働く事を尊敬するように教育したのは何処のどいつだ!?



        「アタシだよっ」・・・ぴしっ



        きっとカート・ヴォネガットが言い遺したとおり、 政治・経済・企業のヨイヨイたちは地球を救う気は全くない 洞爺湖サミットに興味と期待を持っている人たちはお人好し過ぎるかも知れない。所詮、ヨイヨイどものホームルームで決まるのは学芸会の出し物くらいだろう。



        平和主義者こそ怒らなくてはいけないという矛盾に満ちた時代に生まれたことは実に忌々しいが、人類を創ったのは「神」か「悪魔」かという謎が解ける瞬間に立ち会えそうなのはラッキーだった !



        怒れるモンスター・ペアレントたちは、ある意味日本で絶滅してしまいそうなロッケンローラーに近いが、怒る相手を間違えている事が致命的だ ・・・。実際に自分の子孫を殺そうとしているのは、ブッシュやチェイニーやアラブの石油王たちだ。このヨイヨイどもを権力の頂点とする社会での価値基準に敬意を払うのは、逆立ちして鼻からスパゲティを食べるよりも難しい /(.^.)\



        そういえば最近知ったが、人間のルーツは「ナメクジウオ」だそうだ。 これは、大好きな「科学」が証明した事実。 久しぶりに大笑いした。な・る・ほ・ど!



        早速ヴォネガットは「晩年、アインシュタインとマーク・トゥエインは、人類を見限った」と書き遺して死んでしまった。


        しかし、扉ページにはこう書かれている。



        善が悪に勝てないこともない。

        ただ、そのためには天使が

        マフィアなみに組織化される必要がある。



        カート・ヴォネガット「国のない男」税抜1600円。西友でエコバックを使うと2円引き。食品売り場と生活雑貨で毎日4円貯金すれば約一年後には購入出来ます。


        僕は借りたのでタダでした 。ありがとうございました。


        パテ縦振動盤#1

        0

          先日、ある方から加藤玄生著「蓄音機の時代」をいただきました。予想以上に面白い本でとても楽しんで読ませて頂いたのですが、その中に「パテ縦振動レコード」についての章がありました。当然「パテ縦振動レコード」はパテの蓄音機でかけるのが一番早いのですが、カートリッジ再生でのアーカイブ化で統一しているので、なんとか上手く電気再生したいところ。そこが腕の見せ所(?)だったりして燃えるワケですが…なかなか難しい!




          Eisler02さてハード面はそんなこんなですが、僕の興味はどんなピアニストが「パテ縦振動」で聴けるか。要はここです。今回取り上げたのは、Paul Eisler (1875-1951) (レーベル面にはHn. Eislerの文字が…?)。ウィーン生まれで、指揮をアントン・ブルックナーに習ったそうです。おもに有名な演奏家の伴奏者としてツアーに周ったそうですが、ピアノ独奏レコードOkehレーベルの縦振動と横振動にも数枚あります(縦振動のOkeh盤はショパンの小品が2曲入っていたのですが、海外からの郵送時にあえなくまっぷたつ)。このレコードはパテ縦のなかでもエッチング・レーベルといわれる古い年代のもので、紙シールのかわりに溝が掘ってありその中に絵の具のペーストの様な物が埋め込んであります。しかも、内周から外周へ向かって再生する「センター・スタート」といわれる方式で、これはカートリッジ再生がとても難しい強敵の一人です(笑)




          Eisler02収録曲は「月光ソナタ〜第一楽章」と、ワーグナー=ブラッサン「ワルキューレ〜炎の音楽」で、興味深いのはどちらの面も演奏前にタイトルと演奏者の紹介するアナウンスがあります。古いレコードに多いこの「前口上付レコード」は、まるで白黒映画を観ているようなノスタルジック・ムードで、個人的には大歓迎!ピアノの音はマンドリンのようなか細い音です。演奏は取り立てて言うほどではありませんが、ワーグナーの方はグリュンフェルトに近い感じで面白い演奏でした。Okeh盤にはグリュンフェルトの小品を弾いたレコードもあるので、同郷のEislerはグリュンフェルトにピアノを習ったことがあるのかもしれません。「月光」の方はかなり省略しており、テンポが以上に早くミスタッチ多発の雑な演奏ですが、そこが面白いので…まったく、手に負えません。






          美しきレコードたち

          0

            超マイナーピアニストたちによる雑音だらけの骨董レコードをご紹介したいと思います。よく「知る人の少ない…」と評されるレコードやピアニストがいますが、それほどマイナーでは無い場合がほとんどです。しかし、ここで紹介するレコードは、マニアの中のマニアでも、「知る人の少ない」本当のマニア・アイテムです(笑)全部アコースティック録音の酷い雑音だらけのレコードですが、いつかこういうのを集めて復刻したいものです。




            LembergerまずはLemberger。このピアニストは、どう調べてもなんの手がかりも無しですが、このFavoriteレーベルのグラフィックはとても美しく、もちろんシュトラウスのパラフレーズの演奏と相俟って、存在感のある大切なレコードの一枚。裏面もシュトラウスです。シュトラウスのパラフレーズは19世紀的ピアニストたちが好んで取り上げたレパートリーで、音楽的な深さは感じられないものの純粋にピアニスティックな部分を愉しむにはもってこい。CDでシュトラウス・パラフレーズのアンソロジーも数種類ありますが、まだまだ未復刻が沢山あります。




            Sutherland次はSutherlandによるショパンの黒鍵。演奏前に即興の前置きをしているかなり古いタイプの演奏。裏面のエチュード25-1もかなり個性的な演奏で、とても気になるピアニストの一人。Sutherlandの経歴も分からなかったのですが、あるルートを辿ってご親族(お孫さん)を名乗る方からコンタクトを頂きました。しかし、結局要領を得ずじまいで謎だけが深まりました。このほかにも二枚ばかり10インチ盤がありますが、どれも恐ろしく回転ムラと雑音のなかからかろうじてピアノの音が聞こえてくる感じです。こういったレコードは雑音と知名度の低さ、そして希少性の三重苦で、復刻される可能性は少ないと思います。知る人の少ない宝物の一つ。




            Chernetzkayaついでにもう一枚。これは帝政ロシア時代のシレーナ盤。ピアノ独奏のロシアでのアコースティック録音は非常に珍しいのですが、このChernetzkayaはまだ数枚あります。演奏はアリャビエフ=リスト。ベックマン=シチェルビナや、ヴァルマレーテなども弾いていますが、とても良い曲・演奏で更にレーベルも美しくとても気に入っています。ロシア・ピアニズムの源流に位置する重要なピアニストです。



            今日もレコードを磨く・・・慎重に、慎重に・・・

            にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
            にほんブログ村



            Andersen, Stell #2

            0

              前回、レコード到着の勢いで書いたAndersenその2です。コツコツの苦手な僕がコツコツ磨きつつ少しずつ聴いているが、このレコードの汚れがとっても曲者。どうも、松ヤニ?あぶらっぽいパウダーのような変な粉が故意に塗してあり、通常のクリーニング方法では取り除けず、とっても困っている。


              ペトルーシュカしかし、演奏内容はその苦労を報いてくれるような内容だと判明してきた。これは、とても嬉しい。まず、素晴らしいのが「ペトルーシュカ」。女流ピアニストとは思えないような迫力のある演奏で、12インチの後半がカーネギーホールの観客の止まない拍手となっている。またプロコフィエフの「ピアノ・ソナタ第7番」や、Jelobinskyという作曲家の「夜想曲ホ短調」(初めて聴いたが、夜想曲としてかなり良い出来の部類の曲)なども、ハイライトの一部だと思う。そして、両親がノルウェイ出身と言うこともあるのか、Andersenの十八番となっているグリーグ。これが、かなり良い。(つづく)
              アセテート盤60枚を磨くのはさすがにしんどい・・・けど磨く。


              にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
              にほんブログ村


              ゴットシャルクのピアノ曲

              0



                ゴットシャルクの作品は早くもアコースティック録音時代に、Frank La Forge、Guiomar Novaes、Paul Astor(Easthope Martin)、Chales Goodall、Celeste Chop=Gronenveltなどがピアノ作品を残しているが、Novaesの名盤「ブラジル国歌による大幻想曲」を除いてそれほど面白いものでもないと思っていた。

                ところが、気まぐれに入手したJenne BehrendのLPを聴いて以来、俄然ゴットシャルクのファンになってしまった。Behrendは夫であるAlexander Kelberneとのデュオの78盤が有名だが、このレコードは1950年代のMGMレーベルのLP盤。女流ピアニストとは思えないテクニックの冴えは正直驚かされた。そして、録音もカチッとしたモノラルの理想的なピアノ音。「The Banjo」や「The Union」のド派手な演奏は、理屈抜きで楽しめる逸品。なぜか人気のないレコードなので売価も安いと思う。ゴットシャルク・ファンならずとも、ピアノ・ファンは見かけたら騙されたと思って購入しても損はないと思う一枚。今日も今日とてレコードを磨く。





                にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
                にほんブログ村


                Cziffra, Georges

                0
                  Georges (György) Cziffra (1921-1994)


                  Valse Tristeリスト譲りのヴィルトゥオーゾというと、Nyiregyhaziと、このCziffraを思い出す。どちらもリストと同郷のハンガリー出身なのは、偶然にしてもロマンティックだ。どちらも激動の人生を送ったが、生涯「流浪」し続けたNyiregyhaziよりも、Cziffraは「捕虜生活」「脱走の失敗」「息子の死」など、より重い荷を背負った人生を送った。

                  この二人は、どちらも本当の超絶技巧家だった。Nyiregyhaziは晩年の録音しかまともに残されていないので、その偉大さを訝る人もいるかも知れない。しかし、最盛期である1940年代のサントラのために演奏された断片を聴いただけで、音楽的な洞察力のあるリスナーはその凄さが判るはずである。また、1973年のあの有名な「伝説曲第二番」の演奏を聴けば、この録音が奇跡の物証のようなものだと気付くだろう。(ただし最近出たCDではなく、IPAのLPで聴かないと意味がない。両方聴けば、その意味が分かります!)



                  Nyiregyhaziがある種、神懸かり的だったのに対し、Cziffraは人の力を一番ピカピカに研ぎ澄ましたような演奏スタイルだった。あまりのテクニックに「内容が空疎」と非難もあったそうだが、おそらく嫉妬に過ぎない。私はメカニックの正確さと芸術性に重要な関係はないと思うたちだが、Cziffraの演奏は物凄いパッセージの中にも詩的センスを強く感じるのでとても素晴らしいと思う。1枚目の写真はそんなCziffraの残した最初期のSP盤「Valse triste」。ハンガリー出身のヴァイオリニスト、Vesceyの作曲をピアノにアレンジしたもの。よくあるエレジー・タイプの曲かと思いきや、一気に絶頂へ上り詰める胸のすくアンコールピース。この数年後にも同曲を録音していて、そちらは復刻されている。裏面はリムスキー・コルサコフの「熊蜂の飛行」の超絶アレンジ。まるでGodowskyのショパン・エチュードの様相。

                  Mazeppaリスト弾きのCziffraの面目躍如は「鬼火」の演奏だと思う。これはAPRから2枚組のCDで発売されているが、これだけパーフェクトな超絶技巧でありながら、ポエジーを失わない「鬼火」は聴いたことがない。また「マゼッパ」の78rpm盤も唖然とするような凄い演奏だ。そういえば「マゼッパ」にはNyiregyhaziよるアンピコ・ロールが残されているが、これも再生テンポの間違いでは?と思うような物凄い早さ。聴き比べてみるのも一興だと思う。どちらにせよ二人ともリストの衣鉢を継ぐ大ヴィルトゥオーゾであることに間違いない。現代はこういったスケールの大きいヴィルトゥオーゾ不在の時代だ。これもコンクール入賞主義の弊害だとすると、現代のリスナーである私たちは実に大きな損害を被っているとションボリせずには居られない。乱暴な言いぐさだが、楽譜と正確さが全てならシーケンサーが1台あれば世界中のピアニストは全員失業です(笑)。しかし演奏芸術とは、そんなに単純なものではないということを、Cziffraは教えてくれる。

                  Cziffraのこの二枚のSP盤はピカ盤だったので磨かなかった。



                  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
                  にほんブログ村






                  Andersen, Stell

                  0
                    Andersen, Stell (1897-19??)

                    Stell Andersen





                    写真のとおり、ごっそりレコードが届いた(黒いSPケースの上に積まれているレコード群)。うち7枚はLP、1枚だけSP、52枚はアセテート盤のプライヴェート録音。合計60枚全部 Stell Andersen(笑)。Stell Andersenは、Isidore PhilippやJosef Lhevinneなどの弟子で、ノルウェー人の両親を持つアメリカ在住だったピアニスト。どうやら、ピアニスト本人か関係者の遺品の処分で売られたものらしい。まさに「あの世レコード」ぴったし!


                    アセテート盤には、ショパンやブラームスの小品をはじめ、カーネギーホールでのライブや、ミトロプーロスやフリッツ・ライナー指揮のピアノ協奏曲もある。ちょっとブラームスの第二番を聴いてみたが予想以上に面白そう。かなりパワフルで、技巧も良い。



                    Stell Andersen plays Mozart


                    とりあえず、こちらのLPをまず聴いてみた。これは1780年頃のモーツァルトが使用していたタイプと同じSteinのフォルテピアノで演奏されている。ハープシコードのアタックに、多少ピアノの余韻をレイヤーさせた様な音。Alice Hekschと同じコンセプト。もう一枚同じピアノ使用のLPがあり、こちらはバッハやクープランなどを弾いているが、どちらも面白い!こちらは晩年のステレオ録音盤なので、探せば中古市場できっとまだ出てくると思う。


                    昔は「このレコードが聴きたい!」とターゲットを絞って探していたけれど、最近はレコードとの予期せぬ出会いのほうが楽しくなってきた。
                    しかしAndersenのアセテート盤、いつになったら磨き終えるのだろうか。




                    Goll, Edward

                    0
                      Goll, Edward (1884-1949)

                      Goll portraitボヘミア生まれのGollは、ドヴォルザークの5人の弟子のうち一人。ピアノをザウアーダルベールに習っているのでリスト楽派という事になる。また、パリでは大ニキシュ、ロンドンではハンス・リヒターヘンリー・ウッド卿と、錚々たる面々のソロイストを務めてており、Gollの偉大さの一端が伺える。しかし、これ程の経歴を持つ大ピアニストでも、大抵は没後50年も経てば忘れ去られてしまう。人生どころか芸術も人間が思うほど長寿ではないのかも知れない。

                      1908年頃のFavorite盤にザウアーの小品や、リストのハンガリア狂詩曲、そのほかではグリーグやショパンを残している。この辺りのレコードが一番面白く、演奏はまさに19世紀的でロマンティックなもの。19世紀〜20世紀初頭まで、ピアニストの力量だけではなく、時代の空気という奇跡がピアノ音楽界にも働いていたのかも知れない。そんな雰囲気を味わえる貴重なレコード遺産。ただし雑音が多く一般向きではないので、アコースティック録音の音質に理解が深まれば、ぜひ復刻したいと思っている。

                      折角なのでFavorite盤の写真を載せたかったが、残念ながら奥深く仕舞い込んでいて出てこない(出し惜しみじゃありません!)。写真は手近にあった、その後1925〜1930年頃のブランズウィック盤バッハの腹併せ10インチ。ブランズウィックのセッションでは、ベートヴェンの作品110のソナタ全曲が一番の大物で、あとは10インチ盤にバッハ、レーガーなどの小品を残すのみ。今日もまたレコードを磨く。


                      Edward Goll






                      << | 2/3PAGES | >>