MP3 SHOPPING

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

販売店のチカラ#01

0

    いつもどおり私事ではありますが、10/24にめでたくDIW Classicsの新譜を2タイトル、リリース致しました。これを機に昨日はいつもお世話になっているCD販売店へ、ディスクユニオンDIW Classics担当の加藤氏と共にご挨拶まわりに伺いました。



    タワレコ渋谷店にてまずは今年の夏に試聴会&トークショーをさせて頂いたタワーレコード渋谷店6Fクラシック売り場にて(写真はディスクユニオン加藤氏【左】とタワレコの伊藤氏【右】)。コレクターズ・コーナーにDIW Classicsのスペースを大きく設けて頂いておりました!個人的にも渋谷タワレコでのCD購入が多いので、DIW Classicsが並ぶのを見るのはとても感慨深いものです。伊藤氏にはDIW Classics新譜発売の度にいつもズバリなコメントを書いて頂いており、コッソリ偵察に来ては常々感謝しておりました。企画の意図をこれだけ的確に汲んで頂けるのは、まったく制作者冥利に尽きるというものです。今回発売の「ショパン演奏の秘かな愉しみ第二集」について「コルトーを第一曲目に持ってきたのには、何か理由があるのですか?」との鋭いご質問。そうなんです。ディープなコレクターには人口に膾炙したコルトーですが、良い演奏は良い!という事で、あえてドカンとトップに据えたのです。この原盤となったドーナツ盤のレコード、実は母がコルトー来日時に購入したもので、僕もこれを聴いて育ったのですがこの有名な夜想曲の代表的な名演奏ではないでしょうか。そんな個人的思い入れも若干滑り込ませつつ、今回は夜想曲の名演奏を選曲致しました。
    またこのCDの聴き所としては、レシェティツキの弟子であるPaul Schrammの「夜想曲 Op.15-2」(世界初出)、ワインガルトナーに指揮も習ったというフランスのピアニストEmil Baumeによる「夜想曲 Op.72-1」を推薦させていただきます。この二人の演奏はここでしか聴けない、夜想曲の隠れた名演奏です。特にPaul Schrammについては、ピアニストのご遺族からの許可を特別に頂いて収録した放送録音音源です。これについては、数年前にコラムに書きましたのでご興味有る方は是非ご覧下さい。


    その足でDIW加藤氏と僕は渋谷HMVへ。ここもコメントつきで面出しをして下さっており、まったく感謝感激でした星残念ながら担当者の方が不在でしたが、親切に対応して下さったのが女性スタッフさんだったので、記念撮影は自粛しておきました!!


    さてその足で銀座線へ乗り込み「銀座山野楽器」へ。ここもクラシックCDが充実している店舗です。僕の通常の銀座コースは、01.東銀座のシェルマンでSPレコードをチェックnext02.銀の塔でビーフシチューを食べnext03.山野楽器でCDをチェックなのです。ここでも新譜の2タイトルをガッツリ入荷して下さっていました。そしてここでもパネルを展示してのDIWコーナーを設けて下さっていました星担当の方(許可を取り忘れましたのでお名前は伏せさせて頂きます)とピアノ復刻に関してイロイロお話しをさせて頂きましたが、体系的にタイトルを組んでいることや、ノイズを削りすぎないことに対して評価して下さっていたことが、何よりの励みとなりました。なるべく多くの方にDIW Classicsを楽しんで頂き、歴史的名演奏に慣れ親しんで頂けるようプログラムを組んでいるつもりではありますが、なかなか万人の方にお褒め頂くのは容易なことではないと反省することもしきり。しかしお褒めの言葉もお叱りの言葉も、どちらも心に充分留めつつ「自分がリスナーだったらどういうCDが欲しいのか?」という事を自問しつつこれからもリリースしていきたいと思いました。



    さて今回初めてのご挨拶まわりでしたが、実際に販売される店舗で応援して下さっている方とお話しをさせて頂くのは、本当に勉強にもなり、また励まされる充実した体験でした。販売店やDIWスタッフの応援なくして、このニッチな企画の存続はあり得ないのです。また次回リリースの機会にはお邪魔させて頂きたいと思います!ということで、今日は感激のあまり、ついレコードを磨き忘れてしまいした。夏目拝



    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
    にほんブログ村


    コメント
    初めて投稿させていただきます。いつも興味深く拝見させていただいております。
    Emil Baumeは私も大好きなピアニストで、ショパン第二集に収録のノクチュルヌの他にも、マズルカop63-3が個人的にはお気に入りです。余り詳しい経歴などが分からないのですが、今回のCDの音源となったもの以外にもLPは存在するのでしょうか?
    これからのリリースも楽しみにしております。
    • Sales Notebook
    • 2008/11/08 10:53 PM
    >Sales Notebookさま

    はじめまして。コメントありがとうございます。Emil Baumeのレコードをお持ちのご様子、かなりのレコード通でいらっしゃると推測致します。ご指摘の「マズルカ63-3」は私も大好きな演奏です!また同レコード収録のリストも実によい演奏だと思います。残念ながらBaumeのレコードはこの10インチ盤しか見たことがありません。これだけ良いピアニストだけに、もっとレコードを聴いてみたくなりますね。なにか情報が分かりましたら、ここ(もしくは78rpm.net)でまた追記していきたいと思っています。今後とも宜しくお願い致します。
    今回のショパンも大変楽しく―楽しい事は極めて重要ですね―聴かせて頂きました。もう少し時間が出来ましたら、自分のBlogで記事にしたいと思って居ります。扠て、今回の盤では、シュラムの面白さが際立って心に残りました。あれ程自在闊達な演奏も珍しいですね。彼だけで一枚欲しい位に楽しめました。Emile BAUME(フランス語読みですと、エミィル・ボムと成る筈です)は、恐らく皆様と全く同じ盤を持って居ります。CDの顔写真がジャケットの盤ならば、恐らく間違い無く同じ盤です。今回復刻され、嬉しい限りです。亦御連絡させて頂きます。
    >rogeriusさま
    コメントありがとうございます!
    シュラム、気に入って頂けてとっても嬉しいです。
    彼やエミィル・ボム(なるほど!!)は今回の目玉のつもりでした。
    実はシュラムの音源は近日中にも纏めてCD化する予定です。(おそらくサクラフォンからの初リリースです)レシェティツキ仕込みのかなり達者な人ですが、なかなかユーモアのセンスのある興味深い人物だったようで、そのあたりも伝わるような楽しいCDに仕上がると思いますのでご期待下さい!!
    ボムは同じ10インチ盤のようですね。これはほんとに良いレコードです。
    もっと無いものかと探してはいるものの、どうも気配がないのは残念ですね(笑)また改めて私も連絡させて頂きます!!
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック