MP3 SHOPPING

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

販売店のチカラ#01

0

    いつもどおり私事ではありますが、10/24にめでたくDIW Classicsの新譜を2タイトル、リリース致しました。これを機に昨日はいつもお世話になっているCD販売店へ、ディスクユニオンDIW Classics担当の加藤氏と共にご挨拶まわりに伺いました。



    タワレコ渋谷店にてまずは今年の夏に試聴会&トークショーをさせて頂いたタワーレコード渋谷店6Fクラシック売り場にて(写真はディスクユニオン加藤氏【左】とタワレコの伊藤氏【右】)。コレクターズ・コーナーにDIW Classicsのスペースを大きく設けて頂いておりました!個人的にも渋谷タワレコでのCD購入が多いので、DIW Classicsが並ぶのを見るのはとても感慨深いものです。伊藤氏にはDIW Classics新譜発売の度にいつもズバリなコメントを書いて頂いており、コッソリ偵察に来ては常々感謝しておりました。企画の意図をこれだけ的確に汲んで頂けるのは、まったく制作者冥利に尽きるというものです。今回発売の「ショパン演奏の秘かな愉しみ第二集」について「コルトーを第一曲目に持ってきたのには、何か理由があるのですか?」との鋭いご質問。そうなんです。ディープなコレクターには人口に膾炙したコルトーですが、良い演奏は良い!という事で、あえてドカンとトップに据えたのです。この原盤となったドーナツ盤のレコード、実は母がコルトー来日時に購入したもので、僕もこれを聴いて育ったのですがこの有名な夜想曲の代表的な名演奏ではないでしょうか。そんな個人的思い入れも若干滑り込ませつつ、今回は夜想曲の名演奏を選曲致しました。
    またこのCDの聴き所としては、レシェティツキの弟子であるPaul Schrammの「夜想曲 Op.15-2」(世界初出)、ワインガルトナーに指揮も習ったというフランスのピアニストEmil Baumeによる「夜想曲 Op.72-1」を推薦させていただきます。この二人の演奏はここでしか聴けない、夜想曲の隠れた名演奏です。特にPaul Schrammについては、ピアニストのご遺族からの許可を特別に頂いて収録した放送録音音源です。これについては、数年前にコラムに書きましたのでご興味有る方は是非ご覧下さい。


    その足でDIW加藤氏と僕は渋谷HMVへ。ここもコメントつきで面出しをして下さっており、まったく感謝感激でした星残念ながら担当者の方が不在でしたが、親切に対応して下さったのが女性スタッフさんだったので、記念撮影は自粛しておきました!!


    さてその足で銀座線へ乗り込み「銀座山野楽器」へ。ここもクラシックCDが充実している店舗です。僕の通常の銀座コースは、01.東銀座のシェルマンでSPレコードをチェックnext02.銀の塔でビーフシチューを食べnext03.山野楽器でCDをチェックなのです。ここでも新譜の2タイトルをガッツリ入荷して下さっていました。そしてここでもパネルを展示してのDIWコーナーを設けて下さっていました星担当の方(許可を取り忘れましたのでお名前は伏せさせて頂きます)とピアノ復刻に関してイロイロお話しをさせて頂きましたが、体系的にタイトルを組んでいることや、ノイズを削りすぎないことに対して評価して下さっていたことが、何よりの励みとなりました。なるべく多くの方にDIW Classicsを楽しんで頂き、歴史的名演奏に慣れ親しんで頂けるようプログラムを組んでいるつもりではありますが、なかなか万人の方にお褒め頂くのは容易なことではないと反省することもしきり。しかしお褒めの言葉もお叱りの言葉も、どちらも心に充分留めつつ「自分がリスナーだったらどういうCDが欲しいのか?」という事を自問しつつこれからもリリースしていきたいと思いました。



    さて今回初めてのご挨拶まわりでしたが、実際に販売される店舗で応援して下さっている方とお話しをさせて頂くのは、本当に勉強にもなり、また励まされる充実した体験でした。販売店やDIWスタッフの応援なくして、このニッチな企画の存続はあり得ないのです。また次回リリースの機会にはお邪魔させて頂きたいと思います!ということで、今日は感激のあまり、ついレコードを磨き忘れてしまいした。夏目拝



    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
    にほんブログ村


    国のない男へのオマージュ

    0
      国のない男
      国のない男
      カート・ヴォネガット,金原 瑞人


      これは、レコードとは関係ない日記です。



      TVを見ていたら家ダニ退治にとっても便利なグッズを特集していた。 一体、日本人は何をしているのだろう・・・余裕だな(笑)



      「エコ製品に関して、個人的に関心を示す人々が7割を超える一方で、 企業はエコ製品導入検討については半数以下」だそうだ。新製品を繰り出すために汗水垂らして働く事を尊敬するように教育したのは何処のどいつだ!?



      「アタシだよっ」・・・ぴしっ



      きっとカート・ヴォネガットが言い遺したとおり、 政治・経済・企業のヨイヨイたちは地球を救う気は全くない 洞爺湖サミットに興味と期待を持っている人たちはお人好し過ぎるかも知れない。所詮、ヨイヨイどものホームルームで決まるのは学芸会の出し物くらいだろう。



      平和主義者こそ怒らなくてはいけないという矛盾に満ちた時代に生まれたことは実に忌々しいが、人類を創ったのは「神」か「悪魔」かという謎が解ける瞬間に立ち会えそうなのはラッキーだった !



      怒れるモンスター・ペアレントたちは、ある意味日本で絶滅してしまいそうなロッケンローラーに近いが、怒る相手を間違えている事が致命的だ ・・・。実際に自分の子孫を殺そうとしているのは、ブッシュやチェイニーやアラブの石油王たちだ。このヨイヨイどもを権力の頂点とする社会での価値基準に敬意を払うのは、逆立ちして鼻からスパゲティを食べるよりも難しい /(.^.)\



      そういえば最近知ったが、人間のルーツは「ナメクジウオ」だそうだ。 これは、大好きな「科学」が証明した事実。 久しぶりに大笑いした。な・る・ほ・ど!



      早速ヴォネガットは「晩年、アインシュタインとマーク・トゥエインは、人類を見限った」と書き遺して死んでしまった。


      しかし、扉ページにはこう書かれている。



      善が悪に勝てないこともない。

      ただ、そのためには天使が

      マフィアなみに組織化される必要がある。



      カート・ヴォネガット「国のない男」税抜1600円。西友でエコバックを使うと2円引き。食品売り場と生活雑貨で毎日4円貯金すれば約一年後には購入出来ます。


      僕は借りたのでタダでした 。ありがとうございました。


      | 1/1PAGES |